初zoom体験~テレビ会議やってみた

会議はリアル?ヴェーチャル? 豆知識・体験談
実際に会わなくても・・新技術は使わなくっちゃ

会議はしたいけど・・・

私が所属する豊中の事業主の集まり、meet-upとよなかの役員会議が、今朝オンラインで行われました。

豊中市内のバラバラの場所で様々な形態で事業をしている者どうし。元々、朝ミーティングと称して月数回カフェに集まってmeet-upとよなかの運営についてあれこれ協議し、夜には会員勉強会も開催していたのです。しかし、このところの新型コロナ感染拡大の影響で予定は大狂い。中止の嵐。いくらなんでもそろそろ相談しないとまずい、でも集まって顔を合わせるのはこのご時勢にどうだろう、、、という訳で、今流行?のテレビ会議を導入することに。

ZOOMでやるぞ!

ほとんどの人は、zoom初体験。もちろん私も。

昔(いつだ?)よくチャットをしていましたし、スカイプで講座を受けたこともあります。facebookのメッセンジャーやLINEのグループトークも時間を決めればチャットができます。スカイプの時は、回線容量を減らすために、受講者はビデオではない設定を要求されていましたので、顔を出して皆で話し合うのは初めてです。部屋のごちゃごちゃも見られるし、ちょっと・・・と後ろ向きな私。

でも決まったからには仕方ない。

zoomの導入は簡単なようです。送られてきたミーティングurlをクリックすると、初めての場合はzoomがダウンロードされてインストールされてからミーティングに参加できます。

これって、初回は余計な時間がかかるのでは?

と思ったら、テスト環境があるそうです。

今回のホストになってくれる方が開催数日前にurlを送ってくれたので、早速クリック。

まずはzoomのインストール。その後セルフミーティングと名付けられた自分だけのミーティングで見え方や声が聞こえるかなどのチェックができます。

ふむふむ、やっぱりお化粧はしておかないとまずいなぁ、とかこの服の方が顔が映える、とか、おっと、うしろのごちゃごちゃが丸見えだわ。どうしよう・・・どこかの府知事さんみたいにボードでも作る?

ヴァーチャル背景ができる

そういえば、facebookでzoomのヴァーチャル背景を使ってみた、と投稿していた人がいたなと思いだし、設定を見ると、ちゃんと「ヴァーチャル背景」の項目がありますよ。他にも色々設定できるようです。これでいつでも憂いなく(お化粧と上半身を整えることは必要だけど)参加できます。

いやぁ、なんだかわくわくしてきました。

いよいよミーティング開始

いよいよミーティング当日。優先すべきは化けること。時間ギリギリまでお化粧して整えて、開始時間になったら指定されたurlをクリック!「おはよーございます!」

久しぶりに皆さんの顔を見ることができて嬉しい!

zoomミーティングはどんな感じ?

チャットと違ってキーボードを打つ必要がないのでタイムラグもなく、さくさく議事(というほど四角張っていませんが)が進みます。

今回ほとんどの参加者がzoomは初めてなので、最後の方はzoom使い方体験会みたいになりましたが、それも楽しい。

話すだけでなく、画面の共有やファイルも共有できるし、顔を隠すこともできます。

そして、参加者をグループに分けてそれぞれクローズで(ホストだけが自由委グループ間を行き来できる)グループワークをしたりすることも可能なので、いわゆるリアルなセミナーと同じようなことはできそうですし、時間も区切れるのでかえって効率的に進めることができそうです。

スマホでも参加できるので(画面が小さくて見にくそうでしたが)ネットさえ繋がれば、場所を選ばず、どこででも参加可能。

そういえば、どこかで誰かがzoom飲み会を開催されてたなと思い出したり、軽い感じで使うのもおもしろそうです。開催中に個人的な内緒話もできるみたいです。

meet-upとよなかでは、会員向けにzoom使えるよね、と話もまとまり、企画が始まることになりました。

こうして有意義なzoom初体験は終わったのでした。

新しいことにチャレンジ

このところのコロナ騒動、色々ありますが、ピンチはチャンス。

今日のように新しいことに挑戦する良い機会も与えてくれます。

例えば、今回のツール、zoom。講師の方がオンライン講座を開くのに便利なツールだと思っていました。でも体験してみて色々な使い方ができると知ることができました。前のまま集まっているだけなら、けしてこうやって主体的にzoomを使うことはなかったと思います。

こうして一つ賢くなる。

後は、早く感染拡大が収まって、自由に往来でき、エンターテイメントを楽しめる社会になりますように。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました