お風呂の中で思いついただけなのに~豊中テイクアウト報道

業務内容紹介

「私にできることは何?」~始まりはお風呂から

このところの新型コロナ感染拡大騒動。その中で苦しむ事業主さんたち、特に飲食店さんには、日頃豊中駅前バルなどの活動を通じて大変お世話になっていました。

このような状況になってから、ランチに行ったり、持ち帰りを利用したりしていましたが、自分一人の落とすお金など限界があります。

「どうすればいい?」

ぼーっとお風呂に入りつつ考える・・・

「普段やっていないけれどテイクアウトを始めた店も多いし、それぞれで発信してはるけど、なかなか一般の買いたい人のところまで届かないよね。あっ、そういう飲食店のまとめサイトを作ればテイクアウトしたい人がそこを見に行けば一度で豊中市内のテイクアウト情報がわかって、今まで利用していないお店のこともわかるよね。私に作れる?」

私はサイト構築のプロではありませんが便利な世の中、無料で簡単にサイトを作成できる手段も世にあふれています。情報の交通整理は慣れています。

(以前某イベントのために作ったぺらいちサイト→こちら

できるんじゃない?

それとなく、数人の心当たりに「この企画どう思う?」と聞くと、「ええんちゃう」と好感触。

これが、4/2(木)の夜のこと。

偶然は重なって~豊中の飲食店を応援し隊結成!

問題は、2点。サイトの見栄えと情報収集の手段。

翌4/3(金)、とりあえずサンプルとなるサイトを作ろうと朝から知り合いの飲食店さんにあちこち打診していました。

と、そこに一通のメッセージが、デザインのプロ、noseの江口さんから舞い込んできました。同じようにテイクアウト店のリスト化を考えていて、情報発信のプロ、豊中報道。2の徳丸さんも巻き込んでやりませんか、と。

まあ、なんという偶然でしょう。

この二人がいれば、鬼に金棒!

やろう、やろう!!

3人で、それぞれの心当たりの飲食店さんに声をかけ、まずサンプルサイトの構築、そして、情報収集の流れ構築、発信方法の流れなど、動き出しました。

チームの名称は【豊中の飲食店を応援し隊】

完全無償ボランティアの始まりです。

これが4/3(金)の午後

時間との闘いの始まり

時々刻々変わりゆく新型コロナ状況。感染の拡大は止まらず、いつ緊急事態宣言が出されてもおかしくない状況になってきました。

やることは山積み。

企画の周知、掲載店の募集、サイトの構築、そしてこれらの作業フローの構築。

それぞれが心当たりのある発信力のありそうな知り合いに協力をお願いし、試行錯誤を重ねながら、金曜の夜、土曜、日曜・・・走りながら形にしていきます。

そして、オール豊中へ

月曜日、作業フローもだいたいできあがり、さあ、オープンにするぞ!と、三人が時間差でそれぞれfacebookや豊中報道。2のサイトやらで発信開始。

と、そこに豊中市さんから1本の電話。

「実は市でも同じようなことを考えていたんです。先週金曜日に打ち合わせしていてね・・・」

ああ、やはり豊中市さんは中小の事業者のことをちゃんと考えてくれている。

でも、事は急を要します。豊中市さんの企画のままでは時間がかかりそう・・

と言うわけで何回かのやりとりの後、豊中市さんが私たち3人の企画に共催してくださることになりました。

ここまで半日強。なんてスピーディなんだ!さすが我が豊中市!!

さらには、豊中商工会議所さんからも「全面的にバックアップしますよ」と力強い言葉が。

オール豊中の発進です。

3人だけじゃなく~縁というものの力

豊中報道。2さんのサイトで告知してから、それなりの数が集まり始め、作業フローやサイトのデザインを見直しながら、月、火、水・・・

よくなってきたんじゃない?

発信力抜群の徳丸さん、デザインならまかせろの江口さん、そして情報の交通整理ならおかませの私。サイト構築も素人だけど担当させてもらって我ながら頑張った。

それぞれに地元とつながり、そのつながりから私たちを信用してくださる方々がさらにその先につないでくださり・・・。

個人個人の力は小さくても集まれば大きな流れになるのを、あれよあれよと見ていたこの1週間足らず。

まだまだ何らかの問題が起こってくるかもしれませんが、必ず助けてくださる方が現れる、それが豊中!

豊中市民で良かった!

一週間前には影も形もなかったのに・・・

今は4/9(木)のおやつ時間、3時。

一週間前には、このサイト影も形もなかったんですよ。

それがこうしてできあがり(ここ)、期間限定ですが、豊中市や豊中商工会議所のサイトからのリンクもつけられました。

これだけのスピードでここまで持ってこれたのは、ぺらいちというサイト構築システムのおかげです。サポートさんも問い合わせに迅速に丁寧に回答くださいました。ありがとうございます。この場を借りてお礼申し上げます。

おかげさまで、飲食店さんからの情報も順調に集まってきています。

紙媒体でのサイト告知もまもなく始まるでしょう。

一人でも多くの豊中市民の方にテイクアウトの情報が伝わって、たくさんのお金が市内の飲食店さんに落ちますように。

呑助の私など、あちこちのお店でお酒のあてをテイクアウトできたら最高です。うーん、楽しみ。

もし、テイクアウトされている豊中市内の飲食店さんで、この情報をご存じない方がいらしたら、教えてあげてくださいね。

そして、このサイトを利用して、近くのお店のテイクアウトを楽しんでください。一人一人の力は小さくても・・・。

この苦境を皆で乗り切る。私たちはスピード勝負で走り続けます。

皆様も体調管理気をつけて、元気にこの新型コロナ騒動の終焉を待ちましょう。いつもと違う日常をできるだけ楽しみつつ・・。

「豊中テイクアウト報道」は→こちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました